退職代行サービスとは

原則的に正社員の退職はいつでもすることができます。

民法 第六百二十七条(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)

一項 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。
この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

反面、非正規社員・アルバイト・パートの場合は契約期間が満了することで終了することが原則ですが、

やむを得ない事由があるときは直ちに退職することができます。

(コラム:契約社員は辞められないのか

民法 第六百二十八条(やむを得ない事由による雇用の解除)

当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。

 

しかしながら、法律上は退職の自由が保障されると言っても

実際は上司からの強引な引き止め、不受理、懇願、忖度の強要、気まずさなどで中々退職に踏み出せない方が多いです。

 

そんな場合はアンジュに丸投げしてください。

サービス内容

・退職の申し入れを依頼人様の使者として伝えて退職に導きます

・会社側の言い分は弊所が預かります。出社も直接連絡を取る必要もありません

・内容証明の作成、発送を代行します(作成無料、要相談)

 

原則的に正社員の退職はいつでもすることができます。

民法 第六百二十七条(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)

一項 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。
この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

反面、非正規社員・アルバイト・パートの場合は契約期間が満了することで終了することが原則ですが、

やむを得ない事由があるときは直ちに退職することができます。
(コラム:契約社員は辞められないのか

民法 第六百二十八条(やむを得ない事由による雇用の解除)

当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、相手方に対して損害賠償の責任を負う。

 

しかしながら、法律上は退職の自由が保障されると言っても実際は上司からの

強引な引き止め、不受理、懇願、忖度の強要、気まずさなどで中々退職に踏み出せない方が多いです。

 

そんな場合はアンジュに
丸投げしてください。

サービス内容

・退職の申し入れを依頼人様の使者として伝えて退職に導きます

・会社側の言い分は弊所が預かります。出社も直接連絡を取る必要もありません

・内容証明の作成、発送を代行します(作成無料、要相談)